Category : 未分類

カードローン返済忘れがあったとき

カードローン会社のキャッシングを利用している中で、なんらかの事情により返済が遅れるケースがあります。遅れたからすぐに取立てが来るということはありません。まずは、ハガキや電話で期限日までに入金がなかった旨の通知があります。多くの場合は、直接利用者本人宛てに連絡があります。
期限を過ぎてしまった場合、予定していた月々の支払額に加え、遅延損害金を支払う義務が発生します。通常の金利よりも高い利率で遅れた日数分の金利が請求されます。ハガキや電話で催促が繰り返し行われても返済がない場合には、利用者の自宅あてに支払いの督促状が届きます。それでも連絡がつかないことが続いた場合には、勤務先に連絡をするケースもあります。
最終的に支払う能力がないと判断されると、裁判となります。借金を回収するために、強制的に財産が差し押さえられます。利用者の預貯金や給与が差し押さえられることが多いです。
3ヶ月を超えて支払いが延滞したり、何度も返済が遅れてしまったりすると、個人信用情報機関に事故情報として登録されます。この場合、完済後も5年は事故情報が残ってしまいます。この5年間は、他社のローンの審査にも通ることが難しくなります。また、現在のカードローンでも、新たな借入れができなくなることがあります。
もし遅れそうなときは、事前に貸金業者に連絡を入れるのが良いです。店頭や自動契約機で期日を変更する手続きが可能です。インターネットで返済日変更が行えることもあります。返済に遅れてしまったときは、すぐに自分から連絡を入るのが良いです。