Category : 未分類

銀行カードローン返済不能になった時の正しい対処法

銀行カードローンを利用している時に出来るだけ避けなければいけないのが延滞や返済不能に陥ることです。
基本的に金利が安い銀行カードローンの審査は厳しいので、それに通ったということはよほど無計画に借金をしていなければ、返済不能となるようなことはありませんが、なんらかの事情でそうなってしまった時には正しい対処法をとることが重要です。
まず一番してはいけないのが、債権者である銀行になんの連絡もなく取り立ての通知などを無視し続けることです。
一般的に取り立ては、葉書など書面での連絡から、電話連絡、住居への訪問というように順を追って行われますが、最後までくると債権者側にも返済をする気がないと判断されてしまいますので、その後の取り立て内容が厳しくなってしまいます。
例えば、これまで延滞している債務の返済方法を分割可能というような提案が行われていたとしても、連絡を無視し続けていると、一括払いで返すように求められることもあります。
また他の金融機関にも借金があるような場合、最終的には債務整理を行うという選択を考える方もいるはずですが、これまで連絡をしてこなかった債務者に対する債権者側の印象は悪くなっていますので、話し合いがなかなかまとまらないという可能性も出てきます。
このようなことから、返済不能だと分かった時点で必ず銀行に連絡を入れるようにすることが重要なのです。
その上で、いつまでにお金を用意できるかということやどれくらいの金額までなら支払えるといった具体的な内容を伝えるようにしましょう。そうすれば、銀行も多少の融通を利かせてくれるはずです。