無職の主婦でもキャッシングできるの?

カードローンといえば普通だと安定した収入がある人しか利用できない、というイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。
確かにカードローンの利用条件として収入を得ていることは基本となっています。

でも実は配偶者に収入があれば専業主婦でも借りられるカードローンがあり、それが銀行のカードローンになります。

消費者金融や信販系のカードローンの場合は総量規制による制限を受けるため、年収ゼロの専業主婦は借り入れできません。
そんな中で銀行は総量規制対象外なので、無職の専業主婦でも審査に通れば借りられます。

銀行カードローンの中でも専業主婦の利用OKのタイプを探しましょう。
いずれも配偶者に定期収入があることが条件となっています。

  • イオン銀行カードローン
  • 三菱東京UFJ銀行カードローン
  • みずほ銀行カードローン

専業主婦向けの銀行カードローンの申込みには面倒は書類は必要ありません。
提出書類は唯一本人確認書類(運転免許証や健康保険証など)のみです。
配偶者の同意書や収入証明書が不要で申し込みできるので、わずらわしさがなく手軽に手続きできます。

インターネットや自動契約機(三菱東京UFJ銀行はテレビ窓口)で申し込めば、周囲の人に内緒で借りやすくなります。
スピード審査が可能な申込方法なので、待ち時間も少ない点も大きなメリットです。
さらに確実に内緒にするにはカードは自宅郵送ではなく自動契約機発行にしましょう。

一般的な銀行カードローンと同様、専業主婦であっても条件が揃えば最短で即日融資にも対応しています。
冠婚葬祭や子供の学校関係で急に集金が必要になったときなど、思わぬピンチの際にも
頼りになるのが銀行カードローンです。
ただし即日融資の利用には申し込み時間など諸条件があるため事前によく確認しておきましょう。

必要な現金をカードローンで引き出すには、たとえ深夜や早朝であろうとも手数料無料で引き出しができるところが多いので、余分な手数料を取られる心配はありません。
利息は確かにかかりますが、翌日に返済すれば実は時間外手数料よりも安い金額で済むケースもあり、もちろんまとまった金額が借りられます。

引用:専業主婦でも借りれるカードローン
手数料なしでキャッシングできるカードローン会社を確認するにはこちらのサイトがおすすめです。